平成17年10月に生まれたゴリ助の離乳食→幼児食のメニュー&レシピと日常をつづっています!今のところ完了期と幼児食をいったりきたりのご飯です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、桜子です。
今日はベビーフードと農薬について書こうと思います。

離乳食をはじめ、少し行き詰ってきたときや外出時、また仕事などで作る時間が無い時…
そんな時ベビーフード(以下 BF)が役に立つと思います。
よき伴侶としてもBFですが、3~4年前新聞にベビーフードの農薬について書かれたのを思い出し、過去の新聞の思い当たるのを図書館捜しました。
けど、膨大すぎて見つかりません。・゚・(ノД`)ヽ
だいたい見当がついているのですけど。

Googleで「ベビーフード 農薬」をググったのですが、簡単にでてきました。
あの1時間は、いったい…
探していた新聞記事ではないけれど、このような感じのことでした。
以下のページを興味ある方は読んでみてください。
[【豆知識】ベビーフードと農薬]の続きを読む
スポンサーサイト
こんばんは、桜子です。

今日、1年ぶりくらいに友人に会いました。
友人には、1歳のお子さんがいます。
彼女は料理が好きで、お昼をいただきながら色々と育児のコツとか聞いたり、その他話していくうちに食品中の農薬についての話題になりました。
一番の防御策は、無農薬や無化学肥料の野菜を使うということ。となりましたが、「そう言った野菜はあまりスーパーでは見かけない」、なので「宅配の野菜の方が充実していて良い」と彼女は言っていました。
彼女がデザートのバナナを子供にやっていたときのことです。
「バナナは食べるとき、両端に農薬溜まっているから切り落とす…のよね?」

バナナの残留農薬。
ブログやグーグルなどの検索エンジンなど眺めていると、結構気にしている方とかいらっしゃるようですね。
→こちらでも紹介しましたが、今日は、バナナの残留している農薬について少し掘り下げてみようと思います。
加えて、「不安物質をなるべく避けるための食品の選び方」についても、すこし書いていきます。
[残留農薬(3)]の続きを読む
こんばんは、桜子です。

前回のブログでは、野菜の残留農薬を減らす知恵を紹介しました。
残留農薬を減らすには、基本的な下ごしらえをするだけなので、根がダラーの私にもできそうです。

残留農薬について調べていたら、平成18年5月から「食品の中に残存する農薬等のポジティブリスト制の導入」を今頃になって知りました。
今までは、法令で決められた特定の農薬が規定以上の残留を示していたら販売できませんでした。
が、今度の改正により今まで残留基準が定められていなかった数多くの農薬・添加物も基準を設け、基準が定められていないものやそれを超えるようならば流通できないようになったのです。
今までより、農薬・添加物について厳しくなったのですね。

でも、基準内といっても農薬は結局農薬。
残留していることは変わりません。
また、日本のような狭い畑で耕作している場合、隣畑でまいた農薬が飛んできて、基準を超すこともあります。
農薬は、消費者の方で落とす努力をしたほうがいいと思います。

なので続いて今回は、果実、魚、肉などの不安物質の減らし方を紹介していこうと思います。
[残留農薬(2)]の続きを読む
こんばんは、桜子です。

「美味しくて、健康にいいものを食べさせたい…」
離乳食を作るにあたって、考えますよね。
そういう私も、野菜など原産国をできる限り気を遣おうと思っています。
例えば、中国産・韓国産の野菜は使わない!
中国の野菜は、長期の船便などに耐えられるよう、防腐剤がたくさん塗られているようです。農薬もタップリ…
その他にも、昨年の11月の広州での工場の爆発により汚染物流失があったり、他に水銀、カドミヌウムの垂れ流しによる汚染…イタイイタイ病、ガンの異常発生…
あげればあげるほどネタは上がります。
そんな理由で中国産野菜は使わないように、と心がけてています。

意識して国産を選んでいますが、やはり調べてみると、国産品も生育段階で何度も農薬を使用しているようです。
また農薬の他にも、硝酸塩などの人体に害があるものが含んでいるそうです。

ところが、昔ながらの下ごしらえの仕方で、農薬、添加物などの有害物質を減らすことができるそうなのです。

[残留農薬(1)]の続きを読む
こんばんは、桜子です。
今日は、離乳準備期の果汁について書こうと思います。

2ヶ月くらいになったころからでしょうか。
「果汁飲ませたら?」の攻撃はあいませんでしたか?
私も義母や毎月通っている育児相談で「始めたらどうか」と勧められました。
先月の4ヶ月検診では「早く始めないと…」とお医者さんにも言われました。
でも、前回前々回のブログで紹介した記事をはじめ、ネットでは果汁を早期に与えることはデメリットがあるという意見が主流となっているようですね。

果実アレルギーについてや果汁を与えることへの警告について書かれたページです。

~6ヶ月前の乳児に果汁は必要ない~
(個人のページのため、予告なく移動、削除があるかもしれません)
[離乳食の開始時期(3)]の続きを読む
こんばんは、桜子です。
引き続き、離乳食開始の時期について書いてみようと思います。

昨日のブログでは、早期離乳食によって腸内善玉菌の割合が少なくなってしまうということを紹介いたしました。
今回紹介の記事は、今子供たちの間で急増しているアレルギー症状や低体温化の原因を離乳の立場から切り出した記事です。
WHOの見解等、考えさせられるものでした。

2005年1月31日の東京新聞に掲載されたものですが、残念なことに今現在はネット上では見つからないようです。

↓記事はここから
[離乳食の開始時期(2)]の続きを読む
こんにちは、桜子です。
今日は、離乳食の開始時期について、書いててみようと思います。

息子のゴリ助は、5ヶ月半になりますが、まだ離乳食は始めていません。
先月末の4ヶ月検診でも「離乳食準備を始めましょう」と先生や某ミルク会社の栄養士さんに言われたばかりです。

私が離乳食開始を遅らせようとした切っ掛けは、以前見た「発掘あるある大辞典!」興味あることをやっていたからです。
それは第363回『赤ちゃん』の中の1テーマ。
~便秘・下痢体質は離乳時期に関係しているということです~
残念なことに、現在このページは検索できなくなってしまいました。
ですが、このようなことが書いてありました。
[離乳食の開始時期(1)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。