平成17年10月に生まれたゴリ助の離乳食→幼児食のメニュー&レシピと日常をつづっています!今のところ完了期と幼児食をいったりきたりのご飯です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、桜子です。

「早く来ないかな~」
宅急便のお兄さんを待ち焦がれていました。
今日は、ゴリ助の兜が届く日なんです。
初節句を5月に控えて、旦那の実家から兜を買ってもらったのですが、それが今日届くんです。
ピンポーン!
お昼過ぎにお兄さんがやってきました。
兜飾りなんですが、思ったより大きな箱で、びっくり。
やばい…うちにはしまう場所ないや。
お義母さんに選ばせるんじゃなかったデス…

仕事から帰ってきた旦那に飾ってもらいました。
渋く落ち着いた感じです。
大きかったけど、飾れたし、何よりもかっこよかったのでよかったです。

【本日のスプーンならし】
060403

・おもゆ
・とうきび(コーン)入り野菜スープ




かりんとう屋のとうきびフレーク

野菜スープには、冷凍してあったスープ30mlに上のとうきびフレーク小さじ1を少量のお湯に溶かして入れました。
トロトロおもゆも、今日は2口食べてくれましたけど、3口目以降は今ゴリ助の一番好きな唇ブルブルをされて、出されてしまいました。
食べるというよりは、遊ぶ気満々のゴリ助です。
前途多難です

スポンサーサイト
【本日のスプーンならし】

060402

・おもゆ
・ニンジン入り野菜スープ




かりんとう屋のにんじんフレーク

野菜スープには、上のニンジンフレーク小さじ1を少量のお湯に溶かして入れました。
おもゆは押し出して飲んでくれませんでしたが、ニンジン入り野菜スープの方は、ゴックンと4口飲んでくれました。
飲んでくれると、ホント嬉しいです。
がんばってね、ゴリ助
こんばんは、桜子です。

うちのゴリ助君ですが、私たちがご飯を食べているときに一緒にいても、一向に食べたそうな気配がしません。
抱っこしながら、おもちゃを与えていると、喜んで遊びます。
食べ物より、オッパイの方が良いようです。
そんなゴリ助を、実母は「かわいそう」「食べさせる努力をしないから、欲しそうにしないし、食べないんだ」などと言ってきます。
私も弟もモグモグたくさん食べていたので、母は、どうしても早く始めたいそうです。
責められると、辛いです。
言い合いにまでなってしまいます。
うーん、ゴリ助のママは私なんだから、開始時期は私に決めさせてください
ペースト状の離乳食は6ヶ月の半ばになってからあげようと思っていましたが、何だかぐらつきそうです。

【本日のスプーン慣らし】
・カボチャ入り野菜スープ
・おもゆ

ゴリ助の今日のさじならしは、カボチャスープです。
先日作って冷凍していた野菜スープ(30ml)にかりんとうやの野菜フレークのカボチャを小さじ1/2お湯で溶いて、混ぜたものです。
カボチャの味がほんのりとします。
この野菜フレークは、北海道産の野菜をゆでて裏ごしして、乾燥させたものだそうです。
無添加・無着色で、水やお湯に溶かすだけでペースト状になるので、裏ごしなどめんどくさいときには使えますね。
初期のゴックン期に使う予定で買いましたが、野菜スープに混ぜてみるのも、まあいいですね。


↓野菜フレーク3種セット
(ニンジン、カボチャ、とうきび)
初めての方オススメです。




こんばんは、桜子です。
今日は近所にある子育て支援センターに行ってみました。
そこでご一緒したお母さんに聞かれました。
「離乳食はいつから?」
もちろん「6ヶ月すぎから始めようとおもうんです」と答えた私。
「最近、離乳食の開始の主流は6ヶ月みたいなんですよね」といわれました。
そこに話に入ってきたお母さん。
「うちも、6ヵ月半ばから始めたのよ」と言われました。
徐々に、徐々に、開始の時期の主流が代わってきているんですね

【今日のスプーン慣らし】
・おもゆ
・ミルク

冷凍していたおもゆを電子レンジにて解凍。普通のスプーンでは、まだゴックンできませんが、ピジョン フィーディング スプーンのペースト用くらいの量なら何とか飲み込んでくれます。
また、粉ミルクを溶いて飲ませてみました。
5口くらい飲んでくれて、ちょっと感激です。
ゴリ助、がんばってね。
こんばんは、桜子です。

もう少しで、6ヶ月のゴリ助。
ネットでみた情報で、離乳食をあげるのを遅らせようと考えておりますが、何だか作りたくてウズウズしています。
「そうだ!おもゆぐらい作ってみよう!」
と思い立ち、おもゆを作ってみることにしました。

■■おもゆ■■
・米 1/2カップ
・水 6カップ

1、お米を洗った後、鍋に分量の水を入れて1時間ほど置く。
2、ふたをして強火で加熱し、沸騰したら弱火で20分ほど煮る。
【ポイント】土鍋で煮る際、土鍋の穴のところにアルミ箔をはさむと、吹きこぼれにくいです。
3、上澄みの部分のみをいただきます。


作ったものは、製氷皿に入れて冷凍しました。
【ポイント】製氷皿の1個分の容量を測っておくと便利です。
ちなみに我が家の製氷皿は、1個=30ccでした。
固まったら、ジップロックのフリーザーパックに入れ替えます。
おもゆの段階のとろみでさえ、取り出すのが大変です。
10倍かゆになったら、取り出すのがもっと大変になりそうです。


上で紹介したおもゆは、鍋や土鍋でコトコト煮るものですが、もっと手軽なおもゆです。
米の粉を使います。
うちは姑が米を製粉してくれましたが、市販で売っているものならば上新粉でいいと思います。
(もち米が入っていない粉です)
■■簡単おもゆ■■
・米の粉 小さじ1
・水 80~100cc(好みで)

1、米の粉と水を鍋に入れて、粉っぽくなくなるまで煮ます。
2、人肌まで冷ましていただきます。

米の粉を使ったおもゆ(もどき)は簡単です。
ちなみに、水の量をもう少し減らせば、初期の「ベタベタかゆ」にもOKかも。
ただ、おかゆとしての使用はあまり米の美味しさがでないので、あまりオススメしません。
そしてもっと、簡単なおもゆをお求めの方は、おもゆのベビーフードの方をお勧めです。


せっかく作ったおもゆですが、ゴリ助はゴックンしてくれません。
垂らすのみです…
ゴックンまでの道のりは長そうです。
離乳食準備期の野菜スープです。
この先の離乳食のだしにもなる美味しいスープです。

■■野菜スープ■■
・じゃがいも 2個
・たまねぎ 1/2個
・にんじん 1/2個
・昆布 5cmくらい
・干ししいたけ 2枚
・水 5カップくらい

1、じゃがいもは1cmの暑さの小口切りにする。たまねぎはじゃがいもの半分の厚さ(5mm)に縦に切る。にんじんは皮をむき、たまねぎより薄めのいちょう切りに切る。じゃがいもとにんじんは水に10分くらいさらす。
2、鍋に1の野菜と昆布、干ししいたけと水を入れ、中火にかける。
3、煮立ったら弱火にして、20分煮る。その後、昆布を引き上げ、10分ほど煮る。
4、火を止め、すぐに紙タオル(不織布タイプ)をひいたこし器でこす。
[【準備期】野菜スープ【だし】]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。