平成17年10月に生まれたゴリ助の離乳食→幼児食のメニュー&レシピと日常をつづっています!今のところ完了期と幼児食をいったりきたりのご飯です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は私の免許更新で、免許センターに行きました。が、よく時間を確認しなかった為、午前の受付時間を過ぎて到着してしまいました。
なので、午後の受付になるはめに。
そのため、離乳食はいつもは10時ごろなんですが、午後5時半に与えました。

【今日の離乳食】

0418

ほうれんそうがゆ
・豆腐のカボチャペーストかけ

■■豆腐のカボチャペーストかけ■■
・絹豆腐 1.5cm角×2個
・カボチャ(冷凍) 小さじ1
野菜スープ 小さじ2
☆本日の新素材 豆腐

1、豆腐は茹でて、野菜スープ小さじ1を加えすり鉢でなめらかになるまですりつぶす。
2、カボチャは野菜スープ小さじ1でなめらかになるまで伸ばす。
3、1と2を混ぜる。

豆腐は前日の味噌汁の味噌を入れる前に取りわけたものです。
初期には豆腐は絹の方が、口当たりが良いそうです。
たんぱく質である豆腐ですが、植物性のものでもあるし、食べさせてみました。
カボチャの甘さと一緒なので、全部食べてくれました。
ホウレンソウがゆですが、本日はすり鉢ですりつぶしたものではありません。
先日まとめて冷凍したものの穂先を、目の細かいおろし金で下ろしたのです。
すりおろすときは冷たいけれど、繊維を断ち切る方向ですりおろしているので、すり鉢でするくらい細かくなります。
バーミックスでつぶしても繊維が気になりましたが、おろし金は丁寧にすり鉢ですりつぶしたくらいの細かさです。
小松菜やチンゲン菜などの葉物には結構いいかも

しかし、ホウレンソウ粥は、半分しか食べてくれません。
試しに食べてみましたが、やはり今の時期のホウレン草は美味しい時期がすぎ、特有の苦味がでています。
十分にあく抜きはしましたが、赤ちゃんにはその独特の苦味がつらいかも。
味付けができれば、ごまかせるのですが…
今度、ほうれん草をスムーズに食べられるために少し考えなければなりません。
なんかいいもの見つかるかな~


←ランキング参加してます。ポチっとご協力していただけると励みになります。
検 かぼちゃ トウフ とうふ レシピ 作り方
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mogugoku.blog58.fc2.com/tb.php/30-4b9f7d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。