平成17年10月に生まれたゴリ助の離乳食→幼児食のメニュー&レシピと日常をつづっています!今のところ完了期と幼児食をいったりきたりのご飯です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、桜子です。

初期の離乳食って、食べる量も少ない、親とかたさが全く違うとかと色々大変ですよね。
おかゆを作るとしても、1回分だけとなると、お米の持つ粘り(でんぷん)で焦げ付きやすくかえって失敗。
こんなときこそ、フリージングが大活躍です。
今日は、フリージングの初期のフリージングテクニックについて書こうと思います。
知っていることばかりでしたら、ゴメンナサイ。


【おかゆ】
すりつぶした10倍がゆを1週間分作ったら、小分けにして冷凍します。
→製氷皿に大さじ1分ずつ入れて冷凍。固まったら製氷皿より取り出して、ジップロックなどのファスナーつきポリ袋に入れて保存。
【ポイント】シリコン製の製氷皿は、水分が少なくても結構取りやすいです。
ジップロックなどに入れ薄く延ばしていったん冷凍します。固まったら取り出し、凍ったまま1回分ずつ小分けしてラップで包み、ジップロックで保存。
小分けのふたつきパックに入れて冷凍(目盛りもついていて、電子レンジ加熱もそのままできるので便利!)

【パン粥用パン】
→使う分だけのパンの大きさに切り、ラップに包み冷凍。使用する時は、おろし金ですりおろして煮たり、つぶしながら煮たりして使用する。
→バーミックスなどでパン粉状にしたあと、ジップロックなどに入れて冷凍。使う分だけ取り出し、煮たりする。

【野菜】
→柔らかく煮てすりつぶしたものを、ラップでひとつひとつ包み冷凍。
→葉物は、葉先を柔らかく煮た後に水につけアクを抜き棒状にして冷凍。使用するときは、目の細かいおろし金で細長い方向をすりおろす。
【ポイント】じゃがいもはそのまま冷凍だとシャリシャリした感じになるので、必ず茹でる→マッシュをして冷凍してくださいね。

【魚】
→ゆでてすりつぶしたものを、1回分の分量ずつわけてラップにつつみ冷凍。
→シラスはお湯をかけ塩抜きをしてから、すりつぶし冷凍。

※豆腐は水分が抜けて高野豆腐状態になるため
 生の卵は味が落ち、衛生面でも不安なので、フリージングに適しません。

【ポイント】素材をつぶさず(マッシュせず)に冷凍する時は
1、ジップロックに素材を入れて、ストローを挿しジッパーを閉じます。
2、突き出たストローから、息を吹きいれてジップロックの袋をパンパンにします。
3、ストローを取り出し、フタをしっかりしめ、冷凍庫にいれます。
4、半冷凍くらいになったら、袋を取り出し、空気が入ったまま袋を振り、くっついた素材をばらばらにする。
5、空気をしっかり抜き、冷凍庫にもどす。
こうすると、簡単にばらばらのまま冷凍できて、取り出すのに楽ですよ。



←ランキング参加してます。ポチっとご協力していただけると励みになります。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mogugoku.blog58.fc2.com/tb.php/36-9d267d0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。